トッパン エムアンドアイ(TMI、山本哲男社長)とテクノミックス(デヴァダス・パラカル代表取締役)は、次世代文書・コンテンツ管理ソリューション「SmartDocs」の販売に関するパートナー契約を締結した。

 パートナー契約によって、TMIはIBMのビジネスパートナーであることを生かし、IBMクラウド環境「IBM SmarterCloud Enterprise」上で、文書・コンテンツのオンラインワークプレースとして「Document Caretaker(Powered by SmartDocs)」を提供する。

 「Document Caretaker」は、企業内や企業間のナレッジの共有・管理を実現するドキュメント管理のプラットフォーム。ドキュメント共有によるコラボレーションをはじめ、セキュリティと監査対応、モバイルアクセス(Windows、iPhone/iPad、Android)対応、マルチドキュメント(Office、PDF、動画からCADデータなど)対応、自動バックアップ、世界初の9か国マルチ言語対応などの機能を備えている。価格は、1ユーザーあたり2000円。