一般社団法人の日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA、大塚裕司会長)は、毎年夏に開いている恒例のサマーセミナーを今年も開催する。日時は6月7日の15時30分~18時30分で、場所は帝国ホテルの本館3階「富士の間」。

 サマーセミナーは、有識者の講演と懇親会の二部構成で、今回の講演テーマは「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか~日本のよいところを日本人が見直すべきとき~」。慶応義塾大学講師で、一般財団法人竹田研究財団の竹田恒泰理事長が講演する。アニメや食べ物など、日本の文化が世界で高く評価されている理由などについて話す。講演の後、17時からは懇親会。

 竹田氏は、慶応義塾大学の法学研究科講師で、特殊憲法学(天皇と憲法)を教えている。執筆活動にも積極的で、2006年の『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で、第15回 山本七平賞を受賞した。

 参加は、会員企業が講演の場合は参加人数に問わず無料で、懇親会は1人無料で2人目からは1万円。会員以外の企業は、講演が3000円で、懇親会とのセットで1万円(懇親会参加だけの場合でも1万円)。JCSSAのウェブサイトで参加を受け付けている。締切は5月25日。