一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA、大塚裕司会長)は、4月に入社する新卒社員を対象とするイベント「新入社員向けセミナー」を4月18日に開く。

 JCSSAの人材部会人材育成委員会が企画したイベントで、04年から毎年春に開催している恒例の企画だ。IT企業に新たに入社した新入社員を対象とする内容で、IT企業の新入社員研修をサポートする取り組みとして実施している。人材育成やITビジネスで経験豊富な有力者を講演者として招き、IT業界で働くうえで身につけておかなければならないことや、市場動向などを説明する。

 今回の講師は、研修事業を手がけるパンネーションズコンサルティンググループの安田正代表取締役と、パッケージソフト開発・販売やSI事業などのソフトクリエイトの林宗治代表取締役。

 安田氏は、「コミュニケーションの重要性」をテーマに、ユーザー企業にソリューションを提供する立場から、大切なコミュニケーションの取り方などについて講演する。社会人として身につけておかなければならない基本的なビジネススキル・マナーについて話す。安田氏は、昨年も講演しており、前回参加者の評価が高く、今回も講師を務めることになった。もう一人の講師である林氏のテーマは「IT業界の仕事ができる人の特徴~変革期のIT業界で活躍し続けるために~」。IT業界で成長するためのポイントをアドバイスする。

日時 2012年4月18日(木) 9:00~18:00
場所 文京シビックホール大ホール 東京都文京区春日1丁目16-21
定員 1000人
申込方法 MAIL:jimu5802@jcssa.or.jp
       FAX:03-5802-0743