ピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)は、5月28日、無床診療所のクリニック向け電子カルテシステム「PCA HyMarks Clinic」のオプションとして、「PCA HyMarks Clinic 処方チェックオプション」を発売する。

 「PCA HyMarks Clinic 処方チェックオプション」は、電子カルテシステムで入力された薬の処方について、処方してはいけない薬の組み合わせをチェックする機能を提供する。常に更新される薬剤情報は、手作業でメンテナンスを行うと手間と時間がかかるが、「処方チェックオプション」を利用することで、最新の薬剤情報をもとにした処方チェックを迅速に行うことができる。

 また、クリニックに来院した患者の診療までにかかる待ち時間の負担を軽減させる「iPad」向けアプリケーションソフト「タッチパネル式問診票アプリ BEAR-D」とのデータ連携も実現した。これはiPadを利用した問診票アプリで、導入するクリニックや診療科に合わせて作成することができる。「BEAR-D」で入力した問診結果は、電子カルテシステム「PCA HyMarks Clinic」に即時反映されるので、医師は効率的に患者の症状・容体確認ができ、診療スピードが向上する。

 価格は、「PCA HyMarks Clinic 処方チェックオプション」が15万7500円、「タッチパネル式問診票アプリ BEAR-D」がオープン。