その他

業務ソフト大手 クラウドとモバイル拡大 PCAに追随、OBCと弥生が自前クラウド開始 応研、OSKはスマホと業種特化製品を拡充へ

2012/01/26 21:07

週刊BCN 2012年01月23日vol.1416掲載

 中堅・中小企業(SMB)向け会計ソフトウェアを中核製品とする大手業務ソフトベンダーは、2012年、クラウド・コンピューティングとスマートモバイルに関連するビジネスを加速する。本紙が1月中旬に実施した大手5社の座談会で各社の経営トップは、成長戦略の一環として、これらの強化策に言及した。オービックビジネスコンサルタント(OBC)は、自前のクラウドサービスを今春に開始。ピー・シー・エー(PCA)も、今秋に既存主力パッケージソフトのクラウド提供を始めるほか、弥生は個人事業主向けに仕訳知識不要の財務用クラウドサービスを今春にサービスインする予定だ。2011年、各社は東日本大震災の影響を免れて、好業績が目立つ。2012年は、新サービスで新規領域を開拓し、継続的な成長を確実なものにする。(谷畑良胤/信澤健太)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

業務ソフトに“クラウドの波”押し寄せる―SaaSか、それとも…

中小企業向け業務ソフト 攻略法はいかに?

<BCN主催 業務ソフトベンダー5社座談会>新会社法など“特需”を期待

おすすめ記事