中堅・中小企業(SMB)向け会計ソフトウェアを中核製品とする大手業務ソフトベンダーは、2012年、クラウド・コンピューティングとスマートモバイルに関連するビジネスを加速する。本紙が1月中旬に実施した大手5社の座談会で各社の経営トップは、成長戦略の一環として、これらの強化策に言及した。オービックビジネスコンサルタント(OBC)は、自前のクラウドサービスを今春に開始。ピー・シー・エー(PCA)も、今秋に既存主力パッケージソフトのクラウド提供を始めるほか、弥生は個人事業主向けに仕訳知識不要の財務用クラウドサービスを今春にサービスインする予定だ。2011年、各社は東日本大震災の影響を免れて、好業績が目立つ。2012年は、新サービスで新規領域を開拓し、継続的な成長を確実なものにする。(谷畑良胤/信澤健太)