サイボウズ(青野慶久社長)は、業務アプリ構築クラウド「kintone(キントーン)」のAPIを、6月4日に一般公開すると発表した。

 「kintone」のAPIは、今年3月に実装後、顧客からの相談を受けながらAPI連携の構築に関するノウハウを蓄積してきた。APIを使った開発案件のサポートの体制が整ったことから、正式に提供を開始する。

 システムインテグレータによるエンドユーザー環境でのAPI連携構築、他システムと「kintone」との連携ソリューションの開発など、より付加価値の高いサービスの提供が可能になる。また、エンドユーザー自身で構築することもできる。