GMOグローバルサイン(中條一郎社長)は、ジェーエムエーシステムズ(JMAS、丸尾健司社長)と協業して、クライアント証明書発行・管理サービス「マネージドPKI Lite」のクライアント証明書を「Android」搭載端末に容易にインストールできるアプリケーションソフト「KAITO for GlobalSign」を企画して、7月20日に提供を開始する。

 「KAITO for GlobalSign」は、「マネージドPKI Lite」と、JMASの「Android」端末向けセキュリティブラウザ「KAITO for Android」を連携させたサービス。

 ユーザー企業の情報システム管理者は、証明書を発行するためのメールを各端末に送信。端末のユーザーは、メールに記載されているURLにアクセスするだけで、証明書をインストールすることができる。