ワンビシアーカイブズ(ワンビシ、豊田康晴社長)の機密書類抹消処理サービス「Recycle Ecology Locker」の新バージョン「RECOLO(レコロ) III」の導入台数が、7月末時点で400台に達する勢いだ。

 「RECOLO III」は、不要になったオフィスの機密書類を安全・確実に抹消するサービス。ワンビシが専用の回収ケースをユーザー企業に貸与し、ユーザー企業は不要書類をケースに投入する仕組みだ。ワンビシはケースごと溶解処理して書類を抹消する。2011年9月に発売し、金融機関のほか、不動産業や情報通信業などに販売。今年7月末で販売台数は400台に達する見込みという。