ワンビシアーカイブズ(星川恭治社長)は、11月21日、国内12か所目の拠点として、宮城県名取市に東北第1センターを開設すると発表した。

 同社は、5月に震災調査チームを発足させ、被災地での情報資産の被害状況を調査。調査結果を受けて、東北に保管拠点を設け、企業・団体の重要情報の安全確保と効率的な活用の支援に取り組むことを決断した。調査結果は、11月下旬から12月初旬に公表する予定。

 東北第1センターは、JR仙台駅から車で40分の地域に位置し、文書保存箱約16.5万ケースの収納が可能。施設は固い地盤の地域にあり、東日本大震災でも被害が発生しなかった。標高約130m、海岸から約10kmで、河川からも十分に離れた場所に立地している。耐震・準耐火構造、各種セキュリティ設備を有し、顧客から預かった情報資産を、災害・盗難・紛失などのリスクから保護する。