富士ゼロックス(山本忠人社長)は、中堅・中小企業(SMB)市場向けに、企業のサーバーやネットワーク機器の監視運用をリモートでサポートする「IT監視運用サービス SaaSモデル」を8月16日から提供する。

 サーバーやネットワーク機器に対する24時間365日の稼働状況の監視から障害切り分け、修理手配までをワンストップでサポートするサービス。アラートや障害発生時には、ユーザーにメールで通知・報告する。オプションサービスのオンサイトパックを導入することで、障害検知から障害の切り分け、ソフトウェアの環境再設定までをサポート。メールに加え、オペレータが電話で障害発生を通知する。万が一の場合は、全国320か所のエンジニアが訪問するバックアップ体制を整備。必要に応じて、他社サーバーやネットワーク機器の修理手配も行う。

 このほか、システム管理者向けに、発生した障害情報や監視機器の使用状況データをいつでも確認できるウェブ管理画面を用意する。さらに、使用状況のデータをグラフィカルなレポートとして提供。サーバーダウンやレスポンス低下などの障害予兆検知に活用できる。

 すでに提供している「ITあんしんサービスパックII」と合わせて導入することで、サーバー、ネットワーク機器に加えてパソコンまでサポートを受けることができる。富士ゼロックスは、「IT監視運用サービス SaaSモデル」「ITあんしんサービスパックII」の合計で年間3000契約を目指す。(信澤健太)