ラネクシー(二瓶孝二社長)は、バックアップ製品「ShadowProtect」のユーザー企業に対して、7月10日から20日まで、ウェブサイト上で「クラウド移行の現状と、そこに潜むリスクとは?」というテーマの緊急アンケートを実施し、その結果をもとにクラウド移行の現状とデータ消失のリスクを分析した。

 ラネクシーのメルマガ会員を対象にアンケートを実施し、357名が回答。なかにはクラウドでのバックアップを考慮していない企業も存在し、データ消失のリスクが少なからずあることが明らかになった。

 情報系システムのクラウド移行状況の質問では、基幹系システムやファイルサーバーとは大きく異なり、企業規模に関わらず、2~3割程度の企業がクラウドへの移行を完了。とくに中小規模企業は、4割程度がすでにクラウドに移行している。この結果から、基幹系やファイルサーバーに比べて、情報系はクラウドへの移行の障壁が低いほか、以前からASPなどのサービス提供や、ISPによる無償サービスの拡充で、基幹系よりも導入しやすい環境が整っていることがわかった。

 また、「クラウドに移行したシステムで、バックアップを実施しているか」という質問では、従業員数が1000人未満の中堅・中小規模企業で「クラウドでのバックアップはとっていない」「事業者に任せている」とする回答が4割近くを占めた。しかし、それ以上の規模になると「クラウドでのバックアップはとっていない」と回答する企業はなくなり、何らかのかたちでバックアップを行っている。

 とくに大規模企業では、「自社でバックアップのシステムを選定し、運用している」と回答する企業が7割を超えた。一方、中堅・中小企業(SMB)は、情報系のシステムの移行は進んでいるが、基幹系やファイルサーバーなど、重要なデータの移行が進んでいないために、バックアップをとらないケースが多いようだ。

 クラウドは、運用・管理をアウトソースできるのがメリットだが、すべてをアウトソースするのではなく、リスクを最小限にするために、必要なシステムは自社で選定し、運用している様子がうかがええる。今後、SMBでも、重要なデータをクラウドに移行しはじめるが、その際、バックアップについての検討を始める必要があると、ラネクシーでは捉えている。