日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、10月19日、トランスレーショナル医療を支援するオラクルのソフトウェア製品群「Oracle Health Sciences Translational Research Center」の提供を始めた。

 製薬企業をはじめ、バイオテクノロジー企業、医療機関、医薬品開発受託機関(CRO)、学術研究機関などが扱う遺伝子・診療・臨床情報などの膨大なデータを統合するデータモデルと、これらを横断的に分析するツールで構成したソフトウェア製品群。

 診療情報や臨床情報を中心に、医療コスト、患者基本情報などを格納できる解析用データモデル「Oracle Healthcare Data Warehouse Foundation」、ゲノムデータをはじめとしたオミックス情報の解析用データモデル「Oracle Health Sciences Omics Data Bank」、臨床情報や遺伝子情報を組み合わせた結果の抽出と傾向を分析するツール「Oracle Health Sciences Cohort Explorer」の3製品で構成する。

 ゲノム解析情報と医療情報の統合・連携・分析を実現し、バイオマーカー探索、コホート研究、トランスレーショナルリサーチなどでの情報利活用を支援する。また、利用者のアクセス管理やトレーサビリティの機能を提供することで、セキュリティ対策の強化と規制要件の順守を支援する。