日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、オラクルのデータベース(DB)マシン「Oracle Exadata」が北海道札幌市(上田文雄市長)の新基幹系情報システムの共通基盤として採用され、7月に稼働を開始したと発表した。

 札幌市は、平成22年度(2010年4月~2011年3月)に新基幹系情報システムの再構築事業を開始。プロジェクトでは、市民サービスの根幹となる住民記録、税務、介護、国民健康保険(国保)、保健・福祉を支える従来システムのブラックボックス化や特定業者との随意契約を見直し、札幌市が主導的に開発・管理する「グラスボックス」システムの開発を推進している。

 2010年には、産業技術総合研究所(野間口有理事長)が研究する開発手法「産総研包括フレームワーク」を採用し、新基幹系情報システムの再構築を開始した。また、2011年9月には新基幹系情報システムの共通基盤として「Oracle Exadata」を採用し、今年7月、住民基本台帳の改正を機に住民記録システムの稼働を開始した。

 ハードウェアとソフトウェアが最適化された事前構成済みのエンジニアド・システムである「Oracle Exadata」を活用したことによって、3か月で新基幹系情報システムの共通基盤のインフラ構築を完了し、汎用機で稼働していた住民記録システムをスムーズに移行した。また、汎用機で稼働していたシステムのオープン化によって、ハードウェアの調達コストを軽減した。

 今後は、プロジェクトの成果を有効活用して、税務、介護、国保システムのオープン化を進める。