EMCジャパン(山野修社長)は、データ解析事業を展開するブレインパッド(草野隆史社長)と、ビッグデータ関連製品の販売パートナー契約を締結した。

 契約によって、ブレインパッドは、ペタバイト対応のデータウェアハウス (DWH) 製品「EMC Greenplum DB」、データ分析処理用のHadoopプラットフォーム「Greenplum MR」、統合型DWHシステム「Greenplum DCA (Data Computing Appliance)」の取り扱いを開始する。

 両社は、EMCジャパンがビッグデータ分析の基盤となる製品・技術を提供し、ブレインパッドがデータ解析を手がけるかたちで、補完関係を築く。共同でビッグデータ分析・活用ソリューションの開発に取り組んでいく。(ゼンフ ミシャ)