あらゆる情報を経営改善に結びつける「ビッグデータ」への取り組みで、中堅IT販社の動きが際立っている。専任組織を立ち上げたり、ビジョンを描いたりしてから取り組みを始める大手メーカーと異なり、IT販社はあくまでも「構築現場で何を実現するか」を重視して、特定分野に特化したノウハウと独自のインテグレーション力を生かして、着実に関連案件を獲得しつつある。「現場主義」の中堅販社は、すでにビッグデータをビジネスにして、着々と活用事例を積み上げつつあるのだ。(ゼンフ ミシャ)