富士通(山本正已社長)は、12月4日、大量情報をビジネス改善に生かす「データ活用基盤サービス」で、セールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)のアプリケーション開発基盤「Force.com」と連携するサービスを発売した。

 クラウド型の「データ活用基盤サービス」を用いて、ユーザー企業がもつ顧客情報やソーシャルメディアで発信される情報を集計・分析する。分析結果を踏まえ、「Force.com」を使って、迅速に業務アプリケーションを開発することができる。

 両社は今後、共同で新しいサービスを開発し、データ活用の商材化を推し進めるとともにグローバル展開に取り組む。(ゼンフ ミシャ)