京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI、辻上友祥社長)は、新日鉄住金ソリューションズ(謝敷宗敬社長)が金融機関財務情報のデータ提供・配信サービスの分析基盤として、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Yellowfin」を導入したと発表した。

 新日鉄住金ソリューションズは、新日鐵住金の情報システム部門を前身とするSIer(システムインテグレータ)。これまでの収益・リスク管理のコンサルティングやシステム構築経験で蓄積したノウハウを生かして発売した金融機関財務関連情報提供サービス「BancMonitorContrast」の分析基盤として、「Yellowfin」を採用した。

 「BancMonitorContrast」は、財務データに加え、電子媒体で一括取得できない銀行横並びの注記情報やディスクロジャー情報などを集め、金融機関の比較分析を手間なくできるようにするサービス。銀行の財務データに加え、信金・信組データを収納し、主要マクロ経済指標は国内外の公官庁での公表値を分析しやすいかたちに加工している。ユーザーが分析するデータを収集・加工することなく、一つのウェブサービスで提供するので、ワンストップで幅広い指標を利用することができる。

 「Yellowfin」は、高い拡張性を低価格で提供するモバイル対応BIツール。わかりやすい操作感で、社内外のデータをPCでもモバイル端末でも活用できる。「BancMonitorContrast」のようなB to B to C向けの情報提供サービスを得意としており、モデルの構築を容易にする特別なライセンスモデルを提供している。