日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA、大塚裕司会長)は、4月度セミナーとして、システム開発のトラブル回避に関するセミナーを4月18日に開催する。

 ブレークモア法律事務所の弁護士である平野高志氏が、「情報システム開発におけるトラブル回避の留意点~最新のトラブル事例から学ぶ重要ポイント~」と題して講演。最近の具体的な事例などを参考にしながら、「なぜトラブルがなくならないのか」という要因を分析するほか、トラブルを起こさないためにITベンダーとして行うべきことについて解説する。

 情報システム開発に関するトラブルが意識されるようになり、業界では、これまで取引契約ガイドラインやモデル取引契約書などの策定、情報システム取引者を育成する活動などが行われているが、トラブルはなくなっていないのが現状だ。講師の平野氏は、システム開発に関するトラブルの相談や裁判を多く手がけた経験から、トラブルがなくならない根本的原因として、ビジネス部門と法務部門の関係を挙げる。今回のセミナーでは、トラブルを回避するための方法を習得するだけでなく、会社の組織にまで視野を広げて考察する。

 参加費は、JCSSA会員は無料、会員以外は一人あたり3000円。

【開催概要】
開催日:4月18日(木)
開催時間:16:00~17:30
会場:シネックスインフォテック(東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F)
申込期限:4月16日(火)
募集人数:50名