サイボウズ(青野慶久社長)とアプレッソ(長谷川礼司社長)は、サイボウズが提供する業務アプリケーション構築クラウド「kintone」とアプレッソが開発・販売するデータ連携ソフトウェア製品「DataSpider Servista」との連携アダプタ「DataSpider Servista kintoneアダプタ(kintoneアダプタ)」を開発し、連携ソリューションとして6月にベータ版の提供を開始する。製品としては秋頃の正式リリースを予定している。

 「DataSpider」は、豊富なアダプタ群で、データベース、ファイルシステム、アプリケーション、プロトコル、グループウェアなどさまざまなプラットフォーム、データフォーマットにアクセスし、必要なデータの抽出、データの変換、新システムへの格納という一連の作業をシームレスに実現する。

 「kintoneアダプタ」は、「DataSpider」がもつアダプタと組み合わせることによって、「kintone」とさまざまなデータベース、プラットフォームと連携。CSVやExcelなどのファイルをはじめ、OracleやSQLServerなどの各種データベース、SAP、Lotus Notes/Domino、Salesforce、Active Directory、DWH/BI、AWSなどのクラウドサービス、多種多様なデータソースに対し、アダプタ経由のデータ連携を実現する。

 「DataSpider Servista kintone連携スターターパック(仮称)」の税別価格は、145万円から。「kintone」の利用料は含まない。