サイボウズ(青野慶久社長)は、ミライトグループが、大規模向けグループウェア「サイボウズガルーン(ガルーン)」と拡張モジュール「パワーアップキットシリーズ マルチカンパニー for ガルーン」を1万ライセンス規模で導入し、本格稼動したと発表した。

 主に通信インフラ建設分野で60以上の歴史をもつ大明、コミューチュア、東電通の3社は、2012年10月1日、ミライト・ホールディングス(ミライトHD、鈴木正俊社長)の下、グループ事業再編成によって、ミライト、ミライト・テクノロジーズの2社へと生まれ変わり、新生ミライトグループとして総合エンジニアリングとサービスを提供する会社を目指している。

 グループ事業再編成前は、大明は「サイボウズ ガルーン」「サイボウズ デヂエ」、東電通は「サイボウズOffice」「サイボウズ デヂエ」、コミューチュアは他社グループウェアと、各社が異なるグループウェアを運用していた。事業再編成を機に、情報共有基盤として「ガルーン」にシステムを集約した。

 グループ企業が事業を共にする過程では、状況に応じて情報統制ができること、さらに組織としての一体感の醸成が重要となる。誰もが迷いなく使いこなせるプラットフォームでありながら、グループ事業再編成にも対応できる点が「ガルーン」に集約の決め手となった。

 また、「ガルーン」の拡張モジュール「マルチカンパニー for ガルーン」の導入によって、グループ会社間の適切なユーザー管理やアクセス制御で各社の独立性を保ちながらの運用を実現。複雑な組織体制のなかで、細かいユーザーグループでもアクセス権限の範囲設定などが扱いやすく、特定の部分だけにセキュリティ制限をかけることなどができるようになった。