ジャパンシステム(阪口正坦社長)は、2014年4月にサポートが終了するWindows XPからWindows 7/8へのアプリケーション移行を支援する「Windowsアプリケーション移行支援サービス」を開始する。

 アプリケーション開発や新たなハードウェア導入などのコストを抑え、スピーディにアプリケーションをWindows 7/8環境に移行したいという要望に応えるサービス。Windows XP専用アプリケーションをWindows 7/8環境へ移行するために、アプリケーションの仮想化作業を支援する。

 仮想化技術によって、アプリケーション全体とそれに伴う設定を一つのEXEファイルとしてパッケージング(仮想化)。これによって、Windows XPでなければ動作しないアプリケーションを、Windows 7/8上で動作させることができる。再コーディングの必要はなく、新たなソフトウェアやハードウェアへの追加投資を抑えて、アプリケーションの移行を簡素化する。アプリケーション仮想化を利用することで、新旧バージョンのアプリケーションを同一環境で混在することができ、移行・検証期間に並行運用できる。

 パソコンなどの端末デバイスにエージェントやモジュールをインストールする必要はなく、 従来の使い勝手や運用を維持する。単一の実行ファイルにアプリケーション全体とそれに伴う設定をパッケージングするので、アプリケーションのインストール作業を大幅に簡略化・省略化できる。

 ジャパンシステムは、2013年度に2億円の売り上げを目指す。