ATENジャパンは、「ATEN IP-KVMスイッチ」の「KN2xxx/KN4xxxシリーズ」経由でアクセスしたサーバーの出力画面と操作状況を記録するソフトウェア「ビデオセッションレコーダー(CCVSR)」を5月31日に発売する。

 「CCVSR」は、「KN2xxx/KN4xxxシリーズ」に接続されたサーバーの画面の状態と、そこでのユーザー操作(キー入力、マウスクリック)をすべて動画として記録する。BIOSレベルからOS、ソフトウェアレベルまで、コンピュータのあらゆる操作を記録し、キー入力についてはパスワード入力時の「*」や「●」まで記録する。

 ユーザーの操作も自動的に記録。記録の開始や停止は管理者の操作ではなく、システム側で制御するので、客観的な記録の証拠としてシステム監査に活用することができる。

 「CCVSR」サーバー1台で。最大12セッションを同時に記録。複数のIP-KVMスイッチのセッションの同時記録に対応し、目的に応じて録画対象のポートを選択できる。また、記録対象となるセッション数が増えた場合でも、追加ライセンスの購入で簡単に対応することができる。

 8/16/32/64/128/256のライセンスパックを用意する。価格はオープン。