インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、5月28日、スマートデバイスを一括管理するクラウド型マネジメントサービス「IIJ Smart Mobile Managerサービス」のラインアップを拡充し、安全なウェブアクセスを実現するスマートデバイス専用ブラウザ「セキュアブラウザ」を7月上旬から提供すると発表した。

 スマートデバイスでのウェブアクセスポリシーを管理者が一括制御できるウェブブラウザ。ウェブ閲覧時のキャッシュやクリップボードの使用禁止、バックグラウンド遷移時のアプリ終了などを強制することができる。

 クライアント証明書(PKCS#12)を用いた認証に対応。社内リソースへのアクセス時などに、パスワード認証と併用して二要素認証を行うことでセキュリティ強度を高めることができる。

 また、「セキュアブラウザ」とこれまでにIIJが提供しているクラウド型セキュリティサービスを連携させることで、スマートデバイスを社内PCと同一のセキュリティポリシーで管理することができる。

 価格は、初期費用が2万円/契約、月額費用が250円/端末。