ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は、Extensible Threat Management(XTM)製品の新モデル7機種を発売した。

 今回の新モデルでは、UTM(統合脅威管理)製品を拡張。「XTM 1520」(14Gbps Firewall)、「XTM 1525」(25Gbps Firewall)、「XTM 2520」(35Gbps Firewall)の3モデルは、本社とデータセンター、マネージドセキュリティサービス向けの処理速度とセキュリティ機能を提供する。

 中堅・中小企業向けの「XTM 800シリーズ」のパフォーマンスも高めた。「XTM 800」「XTM1500」「XTM2500」シリーズのアプライアンスは、最新の「インテル XeonマルチコアCPUとQuickAssistテクノロジー」を搭載。ダイナミックルーティングとワイドエリアネットワーク(WAN)フェイルオーバー、サーバーロードバランシング、リンクアグリゲーションにも対応した。

 さらに、ウォッチガードの最新ソフトウェアアップデート「Fireware XTM 11.7」を組み込み、戦略的パートナーであるウェブセンスの拡張URLフィルタリングデータベース、Android/iOSデバイス向けのVPNアプリケーション、IPV6/L2TP VPNのサポート、強化されたポリシーグループ機能を利用できる。ウォッチガードのクラウド型初期設定ツール「RapidDeploy」も実装されている。