ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード)は、中堅・中小企業向けUTM(統合脅威管理)アプライアンス「WatchGuard XTM 5 Series」のラインアップを強化した。

 「WatchGuard XTM 5 Series」は、100~500ユーザー規模の中堅・中小企業をターゲットにしたラックマウント型のセキュリティアプライアンス。今回、既存の「WatchGuard XTM 5 Series」を強化し、ラインアップを一新。大幅なパフォーマンスの向上を実現した。

 ファイアウォール機能であるアプライアンス・パケット・フィルタリングのパフォーマンスは40%向上。ゲートウェイ・アンチウイルス・スループットのスピードを190%以上高速化した。さらに、IPS(侵入阻止)のパフォーマンスを220%向上するとともに、すべてのセキュリティ機能を利用した場合のUTMスループット値も150%以上向上している。

 新ラインアップは、「XTM 515」「XTM 525」「XTM 535」「XTM 545」の4モデルを提供する。基本的なファイアウォール・スループットは、「XTM 515」で2Gbps、最高モデルの「XTM 545」で3.5Gbpsを実現。すべてのセキュリティ機能を利用した場合のUTMスループットは、「XTM 515」で850Mbps、「XTM 545」では1.23Gbpsを実現している。

 また、次世代型UTMソリューション「WatchGuard XTM」の「Fireware XTM Pro OS」を搭載し、容易な操作性で、企業のネットワーク、アプリケーション、データを強力に保護する。さらに、iPad/iPhoneなどのiOSデバイスとAndroid 4.0搭載のスマートフォン・タブレットとのVPNトンネルを簡単に構築することができる。