クリエーションライン(安田忠弘社長)は、7月30日、低価格の国産スケールアウトNAS「Amage(アマージ)」の提供を開始すると発表した。

 中小企業でも導入しやすい価格帯のスケールアウトNAS。ノードを追加することで、サービスを停止することなく容量増加に対応する。最小3台構成でデータを分散して保有しているので、一部のノードに障害が発生しても安定した運用を継続できる。

 エンドユーザーでも直感的に操作できるインターフェースを備え、通常のスケールアウトNASが備えているシン・プロビジョニングなどの機能を搭載。日本国内で開発した製品なので、技術的な問い合わせへの回答など、サポートには迅速に対応できる。

 税別価格は、1Uタイプ(実効容量1TB)の3台セットで198万円、Towerタイプ(実効容量1TB)3台セットで130万円。クリエーションラインでは、初年度で1億円の売り上げを目標とする。