日本情報システム・ユーザー協会(JUAS、石原邦夫会長)は、年次イベント「JUASスクエア2013」を9月5~6日の2日間にわたって開催する。テーマは、「今、転換点に立ち向かう~IT部門が切り拓く世界」。

 初日の基調講演では、ソニー生命保険の嶋岡正充専務が「経営視点と現場視点から見たIT─ITガバナンス 組織と人材 イノベーション─」と題して、ビジネスの発展とシステム部門の成長で体感してきた経験をもとに成功要因や失策を振り返りながら、ITガバナンス、IT組織と人材育成、経営とITの関係を考察。

 特別講演では、NTTデータの岩本敏男社長が「加速する技術革新の先にある『淘汰』と『創造』~未来を見通すNTT DATA Technology Foresight」という演題で話を展開する。2日目は、基調講演で板生清・東京大学名誉教授、特別講演で米シマンテックのショーン ドハティ・バイスプレジデントが登場する。

 このほか、同じ悩みを共有できるディスカッションテーブルや、自由な発想で会話できるワールドカフェなども用意。JUASデータマネジメント研究会が「データ利活用を事業価値化するために今なすべきこととは?」をテーマに掲げて徹底討論する場も設けている。IT業界が転換点にさしかかっているなかで、参加者が新しい世界を切り開くためのイベントになっている。

開催日時:9月5日(木)、6日(金)
会場:ハイアットリージェンシー東京(東京都新宿区西新宿2-7-2)
参加対象:企業経営者、CIO(最高情報責任者)、IT部門の管理職、経営/企画部門の管理職、事業戦略部門の管理職、ITコーディネータ
参加料金:5万円(一般)、4万円(会員)