デジタルアーツ(道具登志夫社長)は、法人向けクラウド型ウェブフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー」の名称を「i-FILTER ブラウザ&クラウド」に変更し、BYOD(個人端末の業務利用)対策を備えて、社内外の端末をクラウドで一元管理するサービスへと強化した。9月9日にWindows端末用アプリケーション、9月下旬にiOS/Android端末用アプリケーションを発売する。

 「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、デジタルアーツが提供するクラウド型ウェブフィルタリングサービス。今回、Windowsにも対応したことを受け、サービスの名称を変更した。安全なウェブアクセスの確保と、私的な利用の抑制を実現するウェブフィルタリングサービスとして提供を開始する。

 情報漏えい対策を強化し、クライアント証明書が必要なサイトへのアクセスができるようにした。これによって、会社支給の携帯端末だけではなく、従業員の私物の携帯端末を業務で利用するBYODにも対応する。企業の許可のない状態で、さまざまなインターネット接続端末やITサービスを業務に活用してしまう「シャドーIT」の対策にも有効だ。

 従業員が私物の携帯端末を業務に使用する場合、プライベートの利用は使い慣れた標準ブラウザで利便性を保つ一方、社内システムにアクセスする場合は、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」に限定してクライアント証明書を利用すれば、社外からのアクセスで、社内システムに安全にアクセスすることができる。また、端末にデータを残さない設定を併用すると、万が一、端末を紛失しても、情報漏えいのリスクを最小限に抑えることができる。

 税別価格は、5ユーザーで年間1万6500円から。