デジタルアーツ(道具登志夫社長)とオプティム(菅谷俊二社長)は、法人向けモバイルセキュリティの分野で協業し、オプティムのモバイルデバイス管理(MDM)ツール「Optimal Biz for Mobile」に、デジタルアーツのウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」を組み込んで、オプションの「Optimal Biz Web Filtering Powered by i-FILTER」として11月上旬から販売する。

 「Optimal Biz for Mobile」は、端末の紛失・盗難対策、アプリケーションコントロール、カメラの利用制限などの機能を搭載したMDMツール。基本料金は月額で315円。

 「i-FILTER」は、ウェブフィルタリングデータベースと、特許を取得したフィルタリングテクノロジー「ZBRAIN」によって、業務中の閲覧が不適切なウェブサイトを高精度で遮断するウェブフィルタリングソフト。全国の企業・官公庁の約7000団体、学校・教育機関の約2万5000校が導入した実績がある。

 「Optimal Biz for Mobile」のオプションとなる「Optimal Biz Web Filtering Powered by i-FILTER」は、月額315円で提供する。販売はオプティムとオプティムのパートナーが担当する。(真鍋武)