NECキャピタルソリューション(安中正弘社長)は、10月22日、都内でモバイルデバイスのセキュリティをテーマに最新の動向を解説するセミナーを開催した。エンドユーザーや販社など、120名が参加するなかで、モバイルセキュリティソリューションに対するNECキャピタルソリューションの基本的な考え方や、扱う商材の概略を説明。さらに、ソリューションパートナー5社が、個別のソリューションについて詳細をPRした。また、日本マイクロソフトとインテルによるテクニカルセッションでは、関連の技術動向を解説するなど、マーケットから技術まで、幅広い情報を発信した。

 基調講演は、アイ・ティ・アールの舘野真人シニアアナリストが、「ビジネス市場におけるモバイル(スマートデバイス)セキュリティの現状」を解説。舘野シニアアナリストは、まず、「スマートデバイスの人気は拡大しており、企業のクライアント端末の主流を成していくのは間違いない」と強調。そのうえで、「スマートフォンとタブレット端末とでは、リスク対策の優先順位に違いが出る。タブレット端末は、アプリケーションやデータコンテンツをどう安全に使うかということに、より力点を置いて考える必要がある。これからは、多台数・マルチデバイスをいかに適切に管理するかが問われる時代になる」と、リスク対策のポイントを指摘した。

アイ・ティ・アールの舘野真人・シニアアナリスト

 また、NECキャピタルソリューションICTアセットソリューション部の荒谷茂伸シニアディレクターが、「モバイルセキュリティソリューションの必要性と実装方法」と題して、主催者講演を行った。荒谷シニアディレクターは、取り扱うモバイルセキュリティソリューションについて、「自社で開発したソフトを提供するのではなく、必要性の高いソリューションをマネージドサービス化して、エンドユーザーが利用しやすいかたちで提供する」とコンセプトを説明。さらに、「モバイルセキュリティを考える際は、モバイルデバイスのカテゴリ分けが重要。それで必要なセキュリティが決まる」と話し、このニーズに応える商材を揃えていることをアピールした。

NECキャピタルソリューションの荒谷茂伸ICTアセットソリューション部シニアディレクター

 このほか、ソリトンシステムズ、アルプスシステムインテグレーション、ウェブルート、ウィンマジック・ジャパン、ワンビの5社が、それぞれ「BYOD」「クラウド型MDM・URLフィルタリング」「クラウド型マルウェア対策」「暗号化」「リモートワイプ」をテーマに自社のソリューションを紹介した。

 さらに、会場ではASUS JAPAN、デル、NEC、パナソニック、レノボ・ジャパンの5社が、最新のモバイルデバイスを展示し、来場者の注目を集めた。

PCメーカー5社のモバイルデバイス展示も