NECキャピタルソリューション(安中正弘社長)は、9月3日、エンドポイント向けのセキュリティソリューションを強化するために、クラウド型マルウェア対策ソリューション「PIT-マネージドエンドポイントプロテクション」の法人向け販売を開始した。

 ウェブルートの企業向けエンドポイントセキュリティ製品「Webroot SecureAnywhere Business - エンドポイントプロテクション(SecureAnywhere Business)」を利用した月額課金のサービス。

 ウェブルートの企業向け次世代マルウェア対策ソリューション「SecureAnywhere Business」は、さまざまな脅威やゼロデイアタックに代表される未知の攻撃からエンドポイントを保護するために、フル・クラウドベースの先進的なファイル形式や行動認識テクノロジーなどの技術を採用。エージェントプログラムが軽いので、ユーザーはエンドポイントのパフォーマンスを損なうことなく利用できる。

 「PIT-マネージドエンドポイントプロテクション」では、各エンドポイントへのセキュリティポリシー設定や正規ソフトウェアの誤検知対応、マルウェアなどの脅威検出の有無のメール配信などを、サービスデスクが実施。利用者は、専任の管理者や運用インフラを用意することなく、安心して利用することができる。

 価格は、1台あたり通常月額441円。発売を記念して、10月31日まで、先着10社に初回申込みから3か月間無償で利用できるモニターキャンペーンを実施する。