日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、同社のパートナー向けに、エンドユーザーとの商談をサポートするモバイル・アプリケーション「フレンズllモバイル・アプリケーション」の無償提供を開始した。

 パートナーは、ユーザーに提案するITソリューションの情報や、リース期間、概算費用、顧客情報などを入力するだけで、信用審査の申請、承認状況の確認、リースの見積もり、契約書作成などを最短15分で処理することができる。

 日本IBMでリース・ファイナンス業務を担当するIGF・クライアント・ファイナンシング事業エンタープライズ&パートナー営業本部の天ヶ谷英昭本部長は「中小規模のユーザーは、必ずしも資金が豊富ではない。パートナーにとっては、こうした顧客のビジネス環境に適した柔軟な提案を支援するツールになる」と話している。(本多和幸)