日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、9月6日、アプリケーションのリリース(配布)を自動化し、高品質ビジネス・アプリケーションの開発ライフサイクルの高速化と効率化を支援するソフトウェア製品群「IBM UrbanCode」ファミリーを発売した。

 今年4月に買収・統合を完了した米アーバンコードのARA(アプリケーション・リリース・オートメーション)ソフトウェア製品群を、IBMのラインアップとして提供するもの。アプリケーションのリリース・プロセスを自動化することで手作業によるエラーを防ぎ、リリース作業の監査対応を強化する「IBM UrbanCode Deploy」と、複数のアプリケーションや複数の環境へのアプリケーション・リリースの計画・実行・実績を包括的に管理する「IBM UrbanCode Release」で構成する。

 新たに、クラウドやモバイルなど、変化の早いビジネス環境への対応や、テスト自動化製品との連携を強化した。統合型システム「IBM PureSystems」ファミリー、オープン・クラウド基盤ソフトウェア「IBM SmarterCloud Orchestrator」、MEAP(モバイル・エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム)ソフトウェア「IBM Worklight」と連携し、クラウドやモバイル向けのアプリケーションの自動リリースをサポートする。

 また、オープンソースのシステム統合フレームワーク「Chef」をサポート。クラウド環境に必要なサーバーやアプリケーションを自動的に構築・調整するために定義した「Chef」のレシピを呼び出して環境を構築し、その上にアプリケーションを自動でリリースすることができる。

 IBMのテスト製品との連携を強化。テスト管理・実行ソフトウェア「IBM Rational Quality Manager」、仮想テスト環境「IBM Rational Test Virtualization Server」と連携し、アプリケーションのリリース・プロセスのなかにテストを組み込むことができる。リリース自動化の範囲を広げることで、短いサイクルでの頻繁なアプリケーションの開発、テスト、リリースなどに対応した。

 ライセンス使用価格は、「IBM UrbanCode Deploy」が3274円から(管理対象サーバーの1プロセッサ・バリュー・ユニットあたり)、「IBM UrbanCode Release」が54万5790円から(1ユーザーあたり)から。