日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、エンタープライズ向けウェブアプリケーションの実行環境を構築するソフトウェアの最新版「IBM WebSphere Application Server(WAS)V8.5.5」を6月14日に発売する。

 「WAS V8.5.5」で提供する「Liberty Profile」は、新たにJava EE 6のウェブプロファイル(ウェブアプリケーションソフトを開発するための基本仕様セット)に準拠した。「Liberty Profile」は、アプリケーションの要件に応じて、動的に機能を拡張することができるが、最新版ではさまざまなソフト同士が相互に連携するためのウェブサービスやメッセージング機能を追加した。ユーザーが独自の機能を追加するためのインターフェースも提供しており、ランタイムの最適化を実現することができる。

 また、これまでは別製品として提供していた、分散オブジェクト・キャッシュ機能を実現するソフト「IBM WebSphere eXtreme Scale」を同梱。複数のメモリ間でアプリケーションのデータやビジネス・ロジックを動的に処理・分割、複製、管理する機能を提供し、大規模トランザクションの高速処理を実現する。このほか、障害が発生した際に、トランザクションの整合性を保ちながら自動的にサーバーの切り替えを行うことができるので、可用性と信頼性が向上する。

 利用環境や条件に応じた幅広いライセンス体系で提供する。仮想環境やミッションクリティカル環境向けなどに特化した機能を追加した上位エディション群や、小規模構成向けに低コストで提供するExpressエディションを用意した。また、「V8.5.5」から、軽量化された実行環境のみに特化したLiberty Core(リバティー・コア)エディションを新たに追加。ライセンス利用料金は3784円から(Expressエディションの1プロセッサ・バリュー・ユニットあたり)。

 なお、無償ダウンロードで提供する、デスクトップ環境でウェブアプリケーションを開発するためのランタイム「WAS IBM WebSphere Application Server for Developers V8.5.5」と、開発ツール「WAS Developer Tools for Eclipse V8.5.5」については、WAS V8.5.5を実働環境で使用しているユーザーに対し、IBM窓口(パスポート・アドバンテージ・オンライン)でのサポートを新たに提供する。