Linux技術者認定試験のLPICや、データベーススペシャリストを認定するOSS-DB技術者認定制度などを実施している特定非営利法人のエルピーアイジャパン(LPI-Japan、成井弦理事長)は、HTML5のスキルと知識を認定するHTML5プロフェッショナル認定試験を、2014年1月1日に実施する。

 HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5を活用してマルチデバイスに対応した静的なウェブコンテンツをデザイン・作成できるスキルを問う「レベル1(2014年1月1日にリリース)」、システム間の連携と最新のマルチメディア技術に対応したウェブアプリケーションや動的ウェブコンテンツの開発・設計ができるスキルを問う「レベル2(2014年後半にリリース予定)」という二つのレベルの試験で構成する。

 LPI-Japanは、HTML5を扱うプロフェッショナルの育成を支援しており、サーバーとブラウザの両方を熟知してトータルでソフトウェアの開発・設計できる能力、ウェブデザインとウェブプログラミングの領域をクロスオーバーする知識とスキルを活用することができる能力をもつ人材を増やすために試験を実施することになった。

 受験は12月3日から受け付けている。試験は、CBT(コンピュータベースドテスティング)方式で、受験料を1万5000円(税別)に設定。LPI-Japanは、初年度の受験者数として1000人、3年目の受験者数として1万人を目指している。(佐相彰彦)