ソフトエイジェンシー(立岡佐到士代表)は、法人向け暗号化オンラインストレージ「VG-Sync 2」の無償版サービスを、2014年1月15日に開始する。

 「VG-Sync 2」は、「VG-Sync」の後継版として全面的な新規開発を進めているもので、これまで機能強化・GUIなどの2か国語(日本語・英語)に完全対応。これによって、クラウド環境への最適化を図り、データの転送スピードが向上している。また、他社クラウドでの運用にも対応。顧客の要望に応じた環境で運用ができるようになった。機能拡張が容易になったことから、今後、アクセスログ管理、バージョニングなど、さまざまな機能を追加する。

 「VG-Sync 2」は、無償版から提供を開始し、有償版、他社クラウド版とサービスを拡充していく。有償版の税別価格は、年額5万円(ユーザー5個、フォルダ5個、管理ユーザー1個、容量100GB)。

 他社クラウド版の「VG-Sync 2 on 他社クラウド」は、14年中にサービスを開始する予定。「VG-Sync 2 on 他社クラウド」では、「VG-Sync 2」を運用するクラウドを顧客が自由に選択できるとともに、そのクラウドサービスの特徴を生かすことができる。