ソフトエイジェンシー(立岡佐到士代表取締役)は、クラウド型のストレージサービス「VG-Sync」の販売を強化する。新規ユーザーの獲得に弾みをつけるために、「VG-Sync」の関連製品を無償提供するキャンペーンを9月末まで実施する。

 「VG-Sync」は、ユーザーのデータをソフトエイジェンシーのデータセンターに暗号化した状態で格納するサービスだ。強固なセキュリティ対策と低価格が特徴で、価格はユーザーIDが5個、データ格納容量が100GBの場合で月額5000円。ファイル転送やデータのバックアップシステムとして利用されており、ユーザー数は100社を超えた。

 今回のキャンペーンでは、無料の試用版か有料版かを問わず、新規で利用を始めたユーザーに対してファイル共有ソフト「ExpanDrive」を無償提供する。加えて、有料版を購入したユーザーには、別途特典を用意。有料版の3か月無償利用とワンタイムパスワードのUSBトークン「YubiKey」のセットか、タブレット端末のいずれかを無償提供する。対象のサービスと端末は、ソフトエイジェンシーのウェブサイトで確認できる。(木村剛士)