データ復旧センター(藤井健太郎代表取締役)は、グーグルペナルティ解除支援で培ったノウハウを盛り込み、サイトの被リンクを評価・判定するサービス「DRC Spider for Cloud」を発表した。価格は月額20万円から。

 従来のグーグルペナルティ解除作業では、リンクを目視し、そのサイトのコンテンツ内容、外部リンク数、内部リンク数など、複数の要素を加味しつつ、不自然なコンテンツ内容・外部コンテンツを通知・削除してもらう必要がある。

 データ復旧センターは、「DRC Spider for Cloud」によって、このリンク判定作業のうち、削除に必要なものを判定する時間を80%軽減。「要注意」「要削除」など、5段階評価でリンクを判定して返す。確実に削除が必要なアンマッチコンテンツは、1500パターン以上から判別し、随時パターンを増やしている。

 海外のサーバーからのリンクなのかなどの判断基準も盛り込み、さらにリンク先のコンテンツも、「ブログ」や「相互リンク」「スクレイピング」サイトなどを自動判定する。