PFU(長谷川清社長)は、1月30日、紙文書の電子化と活用を効率よく実現し、簡単に導入できるドキュメントソリューション「PFUドキュメントファイリング・シリーズ」を発売した。

 日々の作業で多くの紙文書を使用する業務のなかから、導入効果が高いと考える「契約書管理」「通知・通達文書管理」「貿易帳票管理」「人事帳票管理」「証憑管理」の五つの業務を対象に、豊富な構築実績をベースに商品化。ハードウェア、ソフトウェアとスタートアップサービスをワンストップで提供する。

 導入後は、拡張サービスを利用することで、業務範囲や利用規模を拡大することができる。ユーザー企業は、必要最小限の投資からスタートして、その有効性を確認しながら、基幹業務に近い領域まで適用範囲を広げることができる。

 価格は、「契約書管理システム」が390万円(「ScanSnap SV600」1台)、「証憑管理システム」「貿易帳票管理システム」「人事帳票管理システム」が396万円(「fi-7160」1台)、「通知・通達文書管理システム」が632万円(「ScanSnap SV600」1台、「fi-7160」1台)。拡張サービスは、「印紙税節減対策サービス」「ワークフローサービス」「他システム連携サービス」「仕分OCRサービス」を個別見積もりで提供する。