応研(原田明治社長)は、2月14日、基幹業務システム「大臣シリーズ」を、日本CA(内藤眞社長)が提供するバックアップ&災害対策ソフトウェア「CA ARCserveシリーズ」に対応させると発表した。

 「CA ARCserveシリーズ」は、初回のフルバックアップ以降、増分バックアップだけで運用できるので、バックアップ先のディスク容量を節約できる。また、ベアメタル復旧機能によって、システム全体を簡単に復旧することができる。Windowsやデータベース、大臣シリーズを再インストールする必要がない。

 さらに、データの変更だけをリアルタイムに捕捉して転送するので、ネットワークに負担をかけずに転送することができる。バックアップデータを遠隔保管しておくことで、災害時の重要データの消失を防ぎ、短期間で業務を再開できる。