セイコーエプソン(碓井稔社長)は、業務用インクジェットプリンタ「SureColorシリーズ」の新製品として、「PrecisionCoreTFP プリントヘッド」と新開発「UltraChrome DSインク」を搭載したことで信頼性を高めたスポーツアパレル/ソフトサイン用途向け昇華転写プリンタ「SC-F7100」を、2月24日に発売する。

 エプソンは、2013年11月に、Tシャツやポロシャツ、トートバッグなどの綿製品に直接プリントできるガーメントプリンタを発売。今回は、捺染分野向け商品の第二弾として、スポーツアパレルやソフトサインなど、ポリエステル素材向けの昇華転写プリンタを国内に初めて投入し、国内捺染市場に本格参入する。

 「SC-F7100」は、昇華型インクで転写紙に印刷し、熱を加えインクを気化させて転写することで、ポリエステル生地に色材を定着させる昇華転写方式のプリンタ。印刷の際に版がいらないデジタル方式なので、印刷工程はシンプルで、多品種・少量での印刷に適している。「SureColorシリーズ」で培った技術を生かして、プリントヘッド、インクなどのハードウェア面を昇華転写専用に最適化したことで、高い信頼性を実現した。

 グラデーションや写真などの階調表現が必要なデザインも高画質で印刷でき、スポーツウェアなどのアパレルや垂れ幕、宣伝用ののぼり旗など、幅広い用途に対応する。価格はオープン。