東京エレクトロン デバイス(TED、栗木康幸社長)は、3月18日、ビッグデータの事業化に向けた取り組みの一環として、ユーザーの健康やし好に合わせて献立を提案するウェブサービス「Ohganic(オーガニック)」の公式Androidアプリケーションをリリースした。利用は無料。

 「Ohganic」は、300万種類以上の献立のなかから、ユーザーにぴったりのものを提案するツール。盛り方を少なめにしてカロリーを抑えるなど、健康に配慮した食生活に活用できる。TEDが、2013年7月にiPhone向けに投入し、登録者数は現在、約3万人を数える。

 TEDは、「Ohganic」を通じて消費者からデータを収集し、ストレージやデータベースなどの製品と組み合わせて、データ活用ソリューションとして提供する。Androidアプリケーションのリリースによってユーザーを増やし、小売りや流通の企業に向けたビッグデータの事業展開につなげる。(ゼンフ ミシャ)