草野隆史社長は、ビッグデータが社会を変革することを確信している。数多くの起業家を輩出している慶應SFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)で学んだ後、インターネットの普及期にネットワーク系ベンチャーの立ち上げに携わって、情報分析・活用の可能性を実感した。2004年に、情報解析の専門家であるデータサイエンティスト(10~13面に関連記事)のプロ集団、ブレインパッドを設立し、データ分析ビジネスを伸ばしつつ、今年7月に東証1部上場にこぎ着けた。そんな草野社長だが、今はブレインパッドの組織を根本から立て直し、事業展開の本格フェーズに突入しようとしている。若手起業家が心に秘す、ビッグデータに対する熱い思い──。草野社長に将来に向けた展望などを語ってもらった。