Talend(有延敬三社長)は、6月4日、Apache Hadoop上でネイティブに稼働する統合基盤ソフトウェアの最新版「Talend 5.5」を発表した。

 「Talend」は、MapReduceやPigに精通していない開発者でも、ビジュアル開発環境を使ったハイパフォーマンスでスケーラビリティの高いHadoopコードを生成できるツール。最新版は、前製品「Talend5.4」と比較して、Hadoop上での処理性能を平均45%向上した。データ統合、データクレンジング、データマッピングなどを高速で処理するので、数GBというの膨大・複雑なデータでもHadoopクラスタにストリーミング連携・解析することができる。

 また、大規模データのクラスタコンピューティングフレームワークとして注目されているApache Sparkをサポートしたソフトウェア製品を、いち早く開発者サイトで公開した。

 「Talend 5.5」のオープンソース版は、Talendのウェブサイトから無償でダウンロードできる。商用製品の価格は、年額190万円から。販売・出荷開始は、7月を予定している。なお、Spark用コンポーネント(試験版)は、Talendforge.orgのTalendExchangeから無償でダウンロードできる。