AXLBIT(天野信之社長)は、NSDビジネスイノベーション(戸村敦雄社長)が開発する大容量ファイル転送システム「eTransporter」をSaaSプラットフォーム「AXLBOX」上で、9月1日に提供を開始する。サービス名称は「eTransporter powered by AXLBOX」。

 「eTransporter powered by AXLBOX」は、ウェブブラウザで簡単・安全にメールに添付できないような大容量ファイルを送受信できるファイル転送システム。日本国内にあるビットアイルの堅牢でセキュリティの高いデータセンター内で稼働しているので、安心して利用することができる。

 ウェブブラウザを利用して、指定のアドレスに大容量ファイルを送信することができる。また、ファイルの送信時に、ファイルの公開期限・ダウンロード回数の制限設定や、ZIP暗号化のパスワード・ダウンロードサイトへのログインパスワードのセキュリティ設定を行うことができる。ユーザーは、外部のユーザーを招待することができ、招待された外部のユーザーに対して大容量ファイルのアップロードを許可することができる。

 メール送信者が、メール添付に適さない大容量ファイルを添付送信しても、メール本文と添付ファイルを自動で分離し、メール受信者は「eTransporter」のウェブ画面からファイルをダウンロードすることができる。さらに、誰がいつどんなファイルを誰に送付し、いつダウンロードされたかの証跡を保存する管理機能や、ファイルがダウンロードされるまでは、送信を取り消すことができる誤送信・情報漏えい対策などのセキュリティ機能が充実している。

 1契約あたりの税別価格は、「Entryプラン(100ユーザー目安)」が初期費用0円、月額費用5万円、「Standardプラン(300ユーザー目安)」が初期費用0円、月額費用10万円。オプションサービスのディスク追加(10GB)が初期費用0円、月額費用1万円、メール連携オプション設定支援サービスが初期費用10万円、月額費用0円、システム設定値変更支援サービスが初期費用10万円、月額0円。

 AXLBITは、「AXLBOX」上で現在7タイトルのアプリケーションサービスを提供。2014年内に約30タイトルの提供を予定している。