ニュース

AXLBIT、経費精算サービスとタイムレコーダーサービスをクラウドで提供

2014/06/27 19:15

 AXLBIT(アクセルビット、天野信之社長)は、6月26日、SaaSプラットフォーム「AXLBOX」上で、パナソニックネットソリューションズ(前川満社長)が開発する経費精算システムと打刻システムの提供を開始した。サービス名は、経費精算システム「AXL 経費」と打刻システム「AXL タイムレコーダー」。

 「AXL 経費」は、申請から支払い業務までを一元管理できる経費精算システム。ウェブブラウザでの経費申請・承認、計上処理や仮払い管理、戻入金管理や支払い業務などができる。会計システムと連携する仕訳データや銀行オンラインシステムと連携するファームバンキングデータを出力することもできる。

 打刻システム「AXL タイムレコーダー」は、ウェブブラウザやスマートフォンを利用して、いつでもどこでも時間を記録できる出退勤打刻システム。人材派遣会社や、外出する営業職などの社員が多い企業、アルバイトや非正規雇用者を多く抱える企業に最適だ。

 税別価格は、「AXL 経費」が1IDあたり月額350円、「AXL タイムレコーダー」が1IDあたり月額100円で、いずれも初期費用は無料。
  • 1

関連記事

AXLBIT、リコージャパンとSaaS販売で協業

アクセルビット、OpenStackベースのプライベートクラウドサービスを提供

ビットアイル、「Vシリーズ」のオプション「OSイメージバックアップ」サービス

ビットアイル、DCと「SoftLayer」との専用線接続サービス

ビットアイル、Windows Azure上で構築したデスクトップサービスを提供

外部リンク

AXLBIT=http://axlbit.com/

パナソニックネットソリューションズ=http://pnets.panasonic.co.jp/

「AXL 経費」=http://www.axlbox.com/service/axlkeihi/index.html

「AXL タイムレコーダー」=http://www.axlbox.com/service/axltimerecorder/index.html

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>