ニュース

NEC、タイと香港を結ぶ光海底ケーブルシステムを受注

2014/10/14 18:50

 NEC(遠藤信博社長)は、10月10日、アジアから中東、アフリカを経由してヨーロッパを結ぶ現在建設中の大容量光海底ケーブル「Asia-Africa-Europe-1(AAE-1)」に接続し、タイと香港を結ぶ海底ケーブル延伸の建設請負契約を、AAE-1コンソーシアムから受注したと発表した。

 アジア各国ではスマートフォンやタブレット端末が普及し、データ通信の需要が急速に高まっている。NECは、アジアとヨーロッパ間を結ぶ「AAE-1」を、アジア地域の通信ハブの一つである香港まで延伸することで、アジア域内外への通信を高速・大容量化する。

 タイと香港を結ぶ延長ケーブルは全長約2900kmで、毎秒100Gbpsの最新の光波長多重方式に対応。2016年末に稼働する予定。

光海底ケーブル「AAE-1」の敷設マップ(NECの担当はS1Hsegment)
  • 1

関連記事

ACCESS、台湾向け通販業務支援サービスの提供を開始

丸紅情報システムズと米ストラタシス、タイで3Dプリンタ販売代理店契約を締結

富士ゼロックスの深セン工場を視察、ロボットに頼らない手づくりの“からくり仕かけ”で生産性を15%向上

アビームコンサルティング中国法人、業務改善に向けたトータルコンサルティングを強化

IIJグローバルソリューションズ(中国)、SaaS分野でローカルベンダーの上海艾訊雲計算と協業

外部リンク

NEC=http://jpn.nec.com/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>