NEC(遠藤信博社長)は、10月10日、アジアから中東、アフリカを経由してヨーロッパを結ぶ現在建設中の大容量光海底ケーブル「Asia-Africa-Europe-1(AAE-1)」に接続し、タイと香港を結ぶ海底ケーブル延伸の建設請負契約を、AAE-1コンソーシアムから受注したと発表した。

 アジア各国ではスマートフォンやタブレット端末が普及し、データ通信の需要が急速に高まっている。NECは、アジアとヨーロッパ間を結ぶ「AAE-1」を、アジア地域の通信ハブの一つである香港まで延伸することで、アジア域内外への通信を高速・大容量化する。

 タイと香港を結ぶ延長ケーブルは全長約2900kmで、毎秒100Gbpsの最新の光波長多重方式に対応。2016年末に稼働する予定。

光海底ケーブル「AAE-1」の敷設マップ(NECの担当はS1Hsegment)