富士通(山本正已社長)とシンガポール科学技術庁(A*STAR、リム・チャン・ポウ長官)、国立シンガポール経営大学(SMU、Arnoud De Meyer学長)は、10月15日、都市の社会課題を解決するソリューションの創出を目的に、5年間の包括共同研究契約を締結した。

 契約にもとづいて、三者はシンガポールに先端研究組織(CoE)を設立。CoEは、シンガポール首相府の国立研究財団(NRF)からの支援を受けながら、高速・大規模計算科学技術(HPC)やビッグデータを活用した研究を行い、都市などで発生している社会課題を解決するソリューションを開発し、実証実験を実施する。共同研究に投じる投資金額は、合計で5400万シンガポールドル。

 初期段階では、大都市での交通渋滞の緩和や歩行者の動線改善、人混みの管理などを行うソリューションの研究や、新たに港湾インフラ設備を増強することなく、港湾オペレーションを最適化することで物流の処理能力を向上する研究を行う。研究テーマは随時追加する。