さくらインターネット(田中邦裕社長)は、レンタルサーバーサービスの「さくらのレンタルサーバ」、「さくらのマネージドサーバ」で、トラフィックの制限値を一時的に緩和する「リソースブースト」機能の提供を、4月22日に開始した。

 「リソースブースト」は、突発的なアクセスの集中などに対し、これまでの数倍のアクセス処理能力を実現する無料の機能。ユーザー自身でコントロールパネルから、ワンクリックの簡単操作で機能を有効にできる。キャンペーンでアクセスの集中が予想される場合やニュースポータルサイトで紹介されるなど、ユーザーWebサイトに急激なアクセス増加があった場合にも、即座にHTTP 503エラーを回避することができる。有効期間は最大3日間となる。

リソースブースト設定画面

 あわせて、1か月分のCPU使用時間や転送量などを可視化したリソースグラフも提供する。ユーザーのコンテンツリソース使用状況の参考として活用できる。

リソース使用状況グラフイメージ