鈴与シンワート(池田裕一社長)は、4月28日、クラウド名刺管理サービス「S-Port Cloud N シリーズ」を発売したと発表した。

 「S-Port Cloud N シリーズ」は、わかりやすいユーザーインターフェースで、名刺データをニーズに合わせた管理ができ、検索項目のカスタマイズも可能。また、名刺情報の共有設定や異動時の引き継ぎも簡単に行うことができる。外部アプリケーションとの連携も容易に行える。

S-Port Cloud N シリーズの主な機能と特長

 名刺データ拡張管理機能では、名刺データと一緒に関係者情報などを管理。独自項目も作成できる。充実した検索機能により、直感的な簡易検索から複数条件での詳細検索まであらゆる検索が可能。プルダウンで選択するだけで、ツーステップで名刺共有設定を行うことができる。
 また、マップ・経路検索や会社情報検索など、あらゆる外部アプリケーションと簡単に連携することができる。履歴管理機能では、編集前の状態に簡単にロールバックが可能。データコピー/取込機能を使うことで、異動時や退職時も対象名刺データを選択して送るだけで引き継ぎを行うことができる。
 税別価格は、初期費用が1万円/5ID、月額利用料が1万2500円/5ID。追加IDは、初期費用が2000円/1ID、月額利用料が2500円/1ID。追加容量オプション(約10万枚相当)が月額利用料7000円。